「ほっ」と。キャンペーン

渡波町

私の別れた息子は渡波町に住んでいたの。
そう、津波が来て、地盤沈下が酷いあの町ね。

地震当日は学校だったから大丈夫だったけど
仙台の学校に通ってきていたので、もう少し遅い時間だったら
電車と一緒に流されてしまっていたかもしれないんだよね。

でも、もう家は住めず、祖父母と仙台に住んでるらしいよ。
元夫と奥さんは、石巻再建の為にいろいろがんばっていて
あっちにほとんど居るらしい。

小さな学習塾を開いていたみたいだけど、そもそも大変な田舎町なので
子供も少なく経営は決してよい状況じゃなかったみたい。

その上この津波。。。。

熱く燃えて地元に貢献したいと願って働いているみたい。
おかげで養育費がとまってしまったよ(笑

お見舞い金だね。感謝もしてもらえないけど、いつまでもあいつにはね。
[PR]

by eremiya2002 | 2011-08-31 00:58