<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

正社員登用、早期推薦

タイトル、読んでそのままの出来事が起こりました。
契約社員で乗り込んできた今の支店ですが、

通常のハードル
⇒契約社員になって満3年となれば、だれでも正規社員登用の試験を受けることができる

だったので、私の場合来年の6月が一番早い登用チャンスとなる予定でした。
(6月採用と12月採用しかないそうで)
ただ、この不景気、全てが縮小と削減の折、来年、私は更新されているのか(1年更新だから)
と言う不安が漠然とあり、もう自己破産も目の前にきとるわ・・・なんて
覚悟決めていたところだったのです。

週末はバイトをする日々にうんざりし、疲労困憊。
「疲れた・・・、なんとかなんないの、神様・・・・」と
祈り(いや完全にぼやき)続ける日々。

そ、そこへ。

1/15、私の誕生日に課長からお呼び出し。
えーーーー、なに、やっぱり私異動かい?なんて思っていたら

「社員登用の試験、早期で推薦するんで受けませんか」

ですって。

ああ~~~~~~~~~時間がない!(1/29までにエントリー、筆記試験は3月半ば0)
試験が難しい(SPI)!決算期で残業だらけ。

でも、12月採用に伸ばすと、後8ヶ月はこの苦しい生活を過ごさなくちゃいけない。
(9月試験だから)


さあ、得意の勝負になりますかね?!
チャンスはたった一度きり。
[PR]

by eremiya2002 | 2010-01-18 21:37 | 私の事(つまり日記デス)

恋バナ

ついでに、皆様お待ちかね??の恋バナです。

彼とはですねぇ・・・ウフフ。
特に著しく進展もしていないですし、壊れてもいません。
つまらなくてごめんなさい。

ただ、ワタシが物凄く変化しました。これほんと。

こんな状態じゃ気が狂う、と思ったので凄く祈ってたんですね。
自分からほれ込んじゃうと妄想が進みすぎて持ちこたえられなくて倒れちゃうわたし。
だから、自分から好きになることは避け、いい寄る人を軽く受け入れて
(または簡単におちてくれる人を側において)生きてきた自分。

結局、ちゃんとした恋愛できてなかった私、なんです。

それを祈りました。悔い改めまして、、、、
そして、接点を無理に持ったりしようと試みる考えを持つ私が居る事も知っていたし、
どうやったらワタシを知ってくれるかと右往左往している私が居る事も知っていたので、

全部一時中断しました。メールもなんもかんも。
そうしたら少しきが落ち着いたんですね。
だれか、ワタシを思ってずっと祈ってくれているんだと思います。
以前の教会の方にも数名、この恋のことを祈っていただくように頼んでいたので、
効果あったはずです。

そこへ、会社の同僚から突然恋愛にかんする本を貸してもらいました。
ワタシ知らなかったのですが、ルールズガールって言うの、結構はやっているんですね。
これをただ鵜呑みにはしていないのですが、もんのすごく道が開けました。
ただ実行しようと思ったのではなくて、確かにこのような行動と考え方
神様は私たち女性に求めていらっしゃる、と感じるところが沢山あって。

勿論、婚前の行動に関しては認識の違いがあるのでスッ飛ばしましたが
(クリスチャンじゃない人が、クリスチャン向けの恋愛本で聖書的な記載があると
そこをスッ飛ばすのと逆ですね)

それにしても読み甲斐があり、私はようやく生きている心地がしましたよ。

ワタシがとってもよく理解できた部分は、
いっぱいあるなかで下記の何点か、で

自分らしく、フツーに生活し、主導権は男子に与えましょう
妄想を勝手に膨らませて、カウンセラーのような役割や、セラピーのような役割に
無理にはめ込もうとするアホな行動と価値観は捨てましょう、

ってところでした。文脈はワタシが勝手に変えてますので気にしないでくださいね。


そうやって胸を張りなおして生きるようにしたら
突如始めて御飯に誘ってもらえたり、年末の最終日も一緒に楽しく食事に行く事ができました。

だからって、ちゃんと祈っているし、向こうも役職についているので
ヘンなことは一切無し!ただただ楽しく過ごすことが出来ました。
何か話が進んだ訳でもなく、2人内緒の話をいくつかした訳でもありません。

何か人に隠すような出来事を2人の間に作ったって
例えば、慌ててからだの関係を持ったとしても・・・・
関係が深くなる、と言う事とイコールにはならないこと
ワタシの人生の中でいやと言うほど味わってきています。

今度は、ワタシはこの出会いを、長く祈り続けてきたとおり
大人の成熟した関係としたい、そして絆を強くしたいと
神様が許してくださるなら、ですよ、思っているので

是非、そうしていきたいと思っていて、
妄想を手放し、出会いの中身(別れることも全て)は全て神様の手の中で
超・自然的に行われているという事を信じた事で
私は漸く、その道の入り口に立つことが出来たみたいです。

私に出来ない、って思っていたけど
[PR]

by eremiya2002 | 2010-01-06 23:26 | 私の事(つまり日記デス)

11年ぶりに、息子に会いました①

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

年末もフル稼働で一息つく暇も無く、あっと言う間に終わってしまったお正月。
皆さんの年末年始はどんな感じでしたか?
私は久し振りにAAの年末年始のイベントに参加したりしていました。
あんまり面白くなかったけど・・・(笑)タバコの煙が凄すぎる!!と言うのが感想かな(笑)


実は去年、11月23日、私は息子に再会しました。
とあるイベントに参加したく、息子の住む地域へ娘と行きまして。
その帰り道、ふと娘をおばあちゃんかおじいちゃんい会わせてあげたらいいのではないか
(こっそりと)と言う思いになり、パート先や自宅近くをウロウロ・・・。

そうしたら、突如数人の子どもたちが、別れた夫の実家からワーっと飛び出してきて
野球をし出しており、、、(前回、チラリと見た時も、キャッチボールしてたっけ・笑)
その中に、どうやら息子が居そうであるということがスグ見て取れまして。

1年以上前、通りすがりに始めて兄の姿を見た娘は、
別れた時期が早すぎて、夢の中(しかも顔が想像できない)でしか会えない兄だったか
今までの思いがこみ上げて、誰よりも騒いで、おにいちゃんと話をしたい、
会いたいと苦しんでいました。

だから
[PR]

by eremiya2002 | 2010-01-06 22:56 | 私の事(つまり日記デス)