娘、成績良いんです

ちなみに、娘の話をぜんぜんしておりませんでした。。。。

娘は6年生の夏休み明けにこの街の学校転校してきました。
前学校では、結構役割を担う事も多く、信用の厚い子だったのに、

転校当時は普通に転校生イビリに遭い、
親子共々不安と恐れで疲弊しきっていました。
私がまだ契約社員で、引越し・卒業・入学と、
借金が返せない状況になりそうだったので
人事に依頼し、イレギュラーで副職を許可してもらい
休む暇なく、先に希望を持つ事が出来ず、
ただただ日を過ごすので精一杯だったころです。
久々に鬱にもなり、なじめる教会もなく、
なんとつらかったことか。

でも、中学に入り、ぐいぐいと力を取り戻しました。
めげず耐え忍んで力を蓄えていたのでしょう、
もちろん、耐えて時を待てと体で教えていた様な日々でしたから
娘も私の背中を見てきたのでしょうね(笑)。

今は、生徒会執行部、部活は副部長、成績は150人中10番絡まり
平均評定は常時4.9。
行きたい大学まで決まっており、将来したいことも明確。
決して天才ではないのです。
すなわち、絶え間ない努力を続けているのです。;

しぶしぶクリスチャンになって、生きるためにそれをしぶしぶ信じ、
生活するために仕方なく希望があることを否定せず、
悲しむとその日さえ立てなくなるので、
自分の過去にとらわれ無い、人生を憐れまない方法へ時間をかけて変え、
ひとつずつ、一歩ずつ進んできただけでした。

その中で私は大きく成長し、教育の重要さをいつの間にか感じ
自分が育った環境ではない、個人を受け入れ、時間と個性を有効に使い生かし
人の為に生きると言う事を、知識と経験を持って語り続ける様になっていました。

何事も希望を持って忍耐し、状況に目を取られて自分をあきらめない事
クリスチャンだからこそ、商業活動活性化を否定せず、
正しい知識と経済力をつける事は人の為になる(多くを提供できるものとなるために)
と言う事も日々伝えて。。。。


私は過去、最終的には親に身体を売られた、女郎の様な人生でした。
その様な人間を一番救いたくて来た、と言うのが
イエス様でした。
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-10-18 23:08 | 娘17歳 母子家庭

Mission

私の使命

それは人助け

ひとつの活動にフォーカスしないよ

でも

深い問題に必ず手をつける

それには

私が社会人として力をつけ

娘を育て上げることがまず大事な仕事と思ってる

その後、その仕事を全うしたら

それから

私は始めて使命を実行に移そうと思ってる

たくさんの試練を乗り越えて

実績と実力を持って

36歳にしてはっきりと見えてきた、自分の使命

AAの方法にすっかり依存するわけでもなく

教会の伝道方針に従うわけでもなく

私と神様との間にある契約



私はどこにも縛られないで、神様と一緒に進もう

私の考えでは進まないよ
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-10-11 21:44 | クリスチャンとしての私

ハレルヤ!

ハレルヤ!

すばらしい、主の御業

私は心から神様に感謝します。
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-10-02 10:55 | クリスチャンとしての私

だから結婚なんてもういいや

だから、結婚なんて考えるのもうやめ。

諦めたんとちゃいます。

ゼーッタイ神様、私に(結婚については)ノープランと感じたっていうの。

「オレがいるだろ」
(ってイエス様はいわないと思いますが)

結局そういうこった。

じたばたするのヤメ。

人生を使えという事だ。

小さなプランじゃないって事。

マザーテレサも、すっごい男らしいモンね、生き方が。



ハー、覚悟するかぁ~

と思いましたよ、さすがに。
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-09-12 23:31 | クリスチャンとしての私

次は不倫かよ

そんなこんなしている間に
次は不倫のお誘い、ウフ★

な~んてことになって、ヒーヒーしてましたよ。

おまえおまえ、ココは社内、しかも席は斜め向かいがわ。

そして、オマエは4つも年下の子持ちだろう?

ひっかけてど~するつもりなんだよ、え!?

・・・・と、現実を把握して遠ざけるのに1ヶ月ちょっとかかったじゃないの!!

眠りすぎ・・アタシ。大分鈍ってました、ハイ。

私を誰だと思ってんの、おまえ。

これでも怖い世界をちょっと知ってて、百戦錬磨なんだけどね。

そんな感覚が久し振りに(20代、どこぞの街で身請け人が居るくらい夜の女でした)

よみがえったっつ~んだよ、身の程知らずのにーちゃんのせいで。

ちょっといい思いもしちゃったけど(まあちょっと)

これでもねぇ、結構信仰の強いクリスチャンだっての。

誠実さで突進してくればお金なんか要らないけど、

金もねぇのに、不倫の誘いなんて10年早いんだよ、ボケ。




と、忙しかったんです。
一つの恋をとりあえず棚に上げて仕事に没頭していたら
まったく油断もすきもありゃしない、ってこういうことですな。

ぼんやりしてた・・・・・・ 悩んじゃいましたよ。
いや、悩むことじゃねぇべ、と気づくのに若干日がたってしまい、不覚でした。
皆さん、すみません。

さらに、全然コメント返事しないでゴメンナサイ。

mくん、そんな訳ですからちゃんと不在時のカバーをお願いします。

普段からちゃんとコメントしねーから悪いんだよ。
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-09-12 23:00 | 私の事(つまり日記デス)

ちょっと元気でました

ちょっとだけ元気出てきました^^
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-07-01 23:26 | 私の事(つまり日記デス)

Dreams come true 「ねぇ」

Dreams come true の歌に久し振りにはまっています。

ご主人(?)ではないご主人が亡くなってから
彼女の歌は当然ですがかわりました。
変わらざるを得ないのでしょうけど、

昔から、歌声は大好きだったのですが
途中から内容が浅過ぎて(いつまでも10代か20代みたいな歌詞だったから・・)
→と言うか、複雑な人生に私が放り投げられていたからなんでしょうけど(笑)
うんともすんとも思えなかったのですが


ここのところ、いい歌がおおいな、共感できるなって思います。
辛いことを明るく簡単に歌ったり
ストレートに無駄なく表現したり

彼女も、人生の大きな谷を経験しなくてはならなくなり
変わった・・・のでしょうね。

一緒に生きているんだな、同じ時代をって思います。
お互い独身だけど、不安だけど、放り投げないで
信じて歩もうね、ってハグしたい気持ちです。

「ねぇ」

を聞いた時は、子供との別れの時と、今回の彼の事と重なって重なって
思わず号泣してしまいました。

ま、映画はどうなのかなぁ

案外そこは冷静です(笑)
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-06-12 00:48

やめることにしました、彼のこと

と言う事です。

なんにも変な事はなかったけど、すごい今でも好きなのですが
すっごく忙しい人で、恋愛を結局のところ凄く恐れていて
好きだと言う気持ちはあっても、動き出せない

そんな人で

ere的に、細かい関わりを続けて
ずっと待っていたけど

なんか、もうやめなくちゃ、と思いました。。

色々ありましたけどね、寡黙な人とは言え
私と言う人間と関わる事で、大分目を丸くしたのではないかしら。。

私の事、すごく好きなんだろうな、ってわかったから
その小さな信号に応えてきたけど

私のことになかなか応えられない人だったので
ereがショートした感じです。夕べで終了(涙)。
相手も、辛いだろうなぁ、と思いつつ、

非常に忙しい人なので、体には注意してもらいたいです。

forgiveさんのブログ「ゆるすために」から(エキブロでereがリンクしてますよ)
投稿コピらせていただきました。
とっても支えられています、有難うございます。


----------------
ゆるされる経験や体験がないと
ゆるすことは無理難題で、暗く見えない道になると思う。

ゆるされる経験や体験から
ゆるすとはどういうことかを知り、学ぶことをしなければ
ゆるすことのその手段も、流れも、辿る道も
どうして知ることができようか。

ゆるすとは、
水に流すことでも
忘れることでも
なかったことにすることでもない。

ゆるすとは
そのことがあったから、今の私があり
そして、今の私は、幸せにむかっているという
希望を確信することだと思う。

人には、希望が必要なのだ。
いつかゆるすことができる日を思う希望は
私を優しくする。

こんな私でも、解き放たれ
自由に優しく生きる日が来ることへ導いてくれる。

希望は、いつかくるであろう、幸せを探しつづけることを
よしとしてくれる。

希望は、今の苦しみを糧にかえる、マジックをくれる。

希望は、私のゆるすことのできない苦しみを
消す手立ての道しるべだ。

私の人生や思い煩いのいっさいから
手を引こう。
手を離そう。
手を振ろう。

そうして
手を広げたら
意固地で
裁きくせのやまない
人を怒り、人を見下し、人をそして、自分をもゆるさない私を

もう、怒るなよと
君のことはゆるしているから
君の今までのどんなに小さな、どんなに大きな罪も
全部ゆるしているからと

この広げた手を優しく暖かく麗しく
握ってくれる何かがいる。

私が、あなたの醜いところも
ずるいところも、酷いところも全部ゆるすからと
抱きしめてくれる何かがいる。

愛いっぱいに
めちゃくちゃ愛してくれる
神様が本当にいる。
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-06-11 23:41 | 私の事(つまり日記デス)

信じて生きるって何だろう?

最近、他のブロガーさんにもコメさせて頂いたのですが、
家族の信仰について思わされています。

私はクリスチャンになって約7年です。
始めて教会に足を運ぶ様になったのは19の頃だったので
そこから数えるともう・・・・アハハ、ですが、

AA時代に信仰の世界がやはり間違いないと確信して
5年程AAで徹底的に過ごして

その後、今でこそわかりますけれども、自助Gは激しい洗脳もついて回るので
その洗脳部分を解いてクリスチャン生活へ改めてスタートし直したですが、

信仰の世界・・・私にとってはキリスト教を心に落とし込むことが出来てからは
早10年な訳です。

娘は一緒に教会に通うようになり、自分にも回復のプログラムが適用され
「信じて生きる事」を現在は当然の様に日々に取り入れていると思われますが
(とはいえ、サポートがこのereなので、超現実主義の熱いクリスチャンです・・・)

「信じて生きる事 つづき」
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-05-30 07:12 | クリスチャンとしての私

見てきました!!コルテオ -シルク・ドゥ・ソレイユ-

見てきました・・・ついに。
コルテオを。

人それぞれの様ですが(サーカスを期待している人にはちょっと違うんでしょうね)、
ereとむすめは途中で胸がいっぱいになって、泣きそうになるほど
感動しました。

舞台と衣装、証明の色合い、音楽、ヨーロッパの香り、
でも庶民の胸のウチや時代背景が何故か伝わってくるかの様な切ない感じ、
身体パフォーマンスは当然素晴らしいものでしたが、

サーカス的な要素と、ミュージカルと、バレエと、音楽と、すっかり混ざって
非常に芸術性の高いショーを見させていただきました。

も~、こんな時はスタンディング・オベーション、そして「ブラボー!」でしょ!

と思ったけど、いかん、みんなそんなつもりで来たのでは無い人たちでいっぱいだったので
やむなし、静かに拍手をしていましたが

心の中はブラボー連発でした。

娘が先日14歳になったので、お祝いに連れて行きました。
そして、試験期間中ずっとろくな生活をさせていなかったので、そのお礼に。
[PR]

# by eremiya2002 | 2010-05-28 23:10 | 私の事(つまり日記デス)