AA-ホームグループを決めました

紆余曲折ありましたが、12年目にしてAA完全復活となりました。
全く自然な流れでした(笑)

AAを徹底的に5年、
教会に徹底的に通って5年、
悩んだ1年、

そして、両方ともバランス良くチョイスする12年目。
あら、12ってところが凄くないですか?神様ってやっぱりすごい。
通るべきところを通って、知るべき事を知り、
悟るべき事を悟り、パワーアップして舞い戻った感じです。

とにかく、神様のされることは素晴らしい、それだけ。

今日の若い仲間の話は良かった。
とても良くやっていると思った。
久し振りに聞いたなぁ、ああいう話。
帰り際、可愛くて可愛くてハグハグしてきました。
彼女は泣き泣きでした。

大丈夫、私もそこから来てるから、怖くないよ。
そう思いました。
[PR]

by eremiya2002 | 2010-01-25 00:52 | 自助グループ | Comments(7)

Commented by forgive at 2010-01-28 08:59 x
ハレルヤ!エレミヤさん。
本当に本当にお久しぶりです。
先日は、ブログにコメントありがとう。
とてもとても嬉しかったです。

着実に、神様の道を一歩一歩進んでおられるのですね。
素晴らしいです。感謝ですね。

ゆっくり丁寧に声がけをしたいので、まずは、こちらにコメント見ましたよの返事ね^^

また、おじゃまします。
Commented by Kit at 2010-02-01 06:52 x
お久しぶりです。元気していましたか?
読んでなかった文のブログを一気に読みました。
恋愛の方も順調で、良かったです。
仕事が勝負時との事で、私も祈っておきます。大丈夫、ereさんなら、大丈夫。
祈ってくれる人が居るって素敵な事ですよね。
私は人とのかかわりが極端に怖くて、怖くて、怖くて、、、
でも、逃げないように努力しています。今までなら、「怖いよーーーー!!!誰とも話したくない!」と、箱の中に蓋をして閉じこもっていましたが、今は、箱に片足をつっこみつつ、様子をうかがう・・・くらいには進歩したと思います。(笑)

私のレベルはまだそんなもんで、ereさんのがんばりから見たら、鼻で笑われちゃいそうだけど、がんばります。
また、遊びに来ます。
Commented by migirek at 2010-02-02 06:51
ハレルヤとアレルヤってどっちが正しいんだろうね。
それはさておき。
専らシアナマイド様のおかげで酒を飲まずにすんでおります。
私がカトリックの門を叩いたのも、たまたまAAの会場がカトリック吉祥寺教会だったからゆかりを感じただけだったり。
プロテスタントであるあなたに熱心に勧められて、カトリックに通うなんてちょっと滑稽ですねwまあどっちでもいいんです。どっちもイエスの道を歩もうとする一派ですし。

それと、度重なるおせっかいですが、自分よりもまず貴女自身の幸せを第一に考えてしまいます。自分の知る人には幸せになって欲しいという、単なるエゴなんです。

重ね重ね、ありがとう。今の自分があるのも貴女のおかげです。貴女の中にいるキリストが、そして何より人間である貴女自身が、私を救ってくださったのです。心より感謝。
Commented by migirek at 2010-02-03 21:09
読み返して見ると誤解を招きそうな箇所があったので追記です。
滑稽というのは自分のことなので。よくこうやって誤解を招くのです。口下手なんです。
Commented by eremiya2002 at 2010-02-27 09:23
forgiveさん

なんて懐かしい響きなんでしょう。
forgiveさんに色々な出来事があって、
私にも色々な出来事があって。
私はforgiveさんのブログに一番心打たれて来た一人です。
お互い、新しい時代になり、ブログばかり覗いている暇もないのは
それはそれで素晴らしい事なのだなと感じます。
なのに、こうやって少しでも繋がれる事も、私にとっては大きな励みと慰めになります。本当に感謝です(涙)
いっつもforgiveさんのブログには泣かされてしまうんですよね。
いっぱいのコメントなんて無くて大丈夫です。
暇な時に、一言二言残していただければ(今回みたいに)
とても嬉しく思います。

共に歩んでくださいね、これからも
Commented by eremiya2002 at 2010-02-27 09:34
Kitさん
お久し振りでした。いつもチャランポランのブログを
大切に読んで下さって有難うございます。
同じ県民である事がまた嬉しいです。

私、Kitさんの様な方を、もっと理解出来るようにならなくちゃいけないなって思います。今回いただいたコメントを見ても・・・

確かにereは若い頃から苦労をし、苦難を乗り越え今に至っている人間であり、その苦難が並々ならぬモノであった事も、そこからたどり着いた神様に出会ってからの人生も、珍しいタイプに位置づけされるのかも知れません。
でもそれは、皆さんの事を知ることが出来るようになった訳ではないのだ、と改めて最近思うのです。確かに、理解するにもサポートするにも応用が利く経験をさせていただいたと思うのですが、

やはり、世の中に出て、人と絆を結びたいと思えば思うほど、私の無知さ、無力さを感じる日々なのです。それはとてもありがたいことなのですけれどもね^^

もうすぐ春なのでしょうね、今年も。
Kitさんの調子はどうですか?少し進みましたか?
Commented by eremiya2002 at 2010-02-27 09:44
migirekくん

最近の調子はどうですか?
私は先日AAのセミナーに出掛けてきて、ちぃとばかり久し振りに喋らせていただいて参りました。
そのうち何処かで会える日がくるかもしれないね?
このブログ始めた頃だったらもっと若かったのに、
もうアラフォーになっちゃったよぅ

誰がどのくらい飢え乾いているかって、人間の知恵と経験じゃ殆ど見抜けないモノだ、と私は思います。私をアルコール依存症と診断し、長く担当してくれたDr.が同じような事を昔言っていました。数多くの症例を見、回復が見込めると期待した人ほど、そうはならなかった経験を唖然とする程経験したのでしょうね。
そして、この私も、病気の方限らず、

「この人は今助けの手を出さねば大変なことになるかも知れない、そして、今助けの手を伸ばせば、自分自身や、また、信仰を持って立ち上がれた多くの人たちと同様、新しい人生をスタートさせる事が出来る」と感じた人々の殆どが、全然どうにもならんかった、と言う
経験を通して、Dr.と同じような見解を持っています。

と言う訳で、いやぁ、migirekクンが信仰を持つとは
夢にも思わなかった訳ですよ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード