ハイジのぶらんこ

人様に悩みの種をぶちまけておいて
こんな完全な別件を投稿するのもなんなのですが
あまりにもウケたので今夜はこれを投稿して寝るとします。

やっぱ私ってB型・・・・

//アルプスの少女ハイジ  筆者/人形(ひとがたち)//

「あの異様に長いブランコ、変だと思わんか?」
言われてきょとんとする私。
おそらく、オープニングで歌にあわせてハイジがこいでいるあのブランコのことだろうが、
特に変だと感じたことはない。
私は首を横に降った。
「あれ、変だぞ。よく考えてみろ」
そう言われて、私はじっくりオープニングを観察し、よく考えてみた。

ハイジが乗っているブランコ。確かに長い。
だが、果たしてどのくらい長いのだろうか?
そこで私は、NHKで放送された小学六年生の理科に照らし合わせて、その長さを計ってみることにした。

ブランコなどの振り子運動というのは、その長さが長くなればなるほどその揺れはゆっくりになるらしい。
ハイジのブランコを画面で測定したところ、前方の空中で一瞬停止してから後方で止まるまで、
約6秒もかかっていた。
つまり往復で12秒。
ロープの重さを無視して計算すればその長さ36メートル!!
これは半端な長さではない。全長40メートルのウルトラマンもびっくりだ。

だが、ロープの重さを計算に入れるとどうだろう?

ごく一般的なロープ(だいたい太さ1.5センチメートル)の1メートルの重さは大体170グラム。
片方36メートルならば、結び目を入れても約13キロである

これに対して、10歳前後の日本女子の平均体重は37キログラム。
健康優良児であるハイジの体重はこれより若干太目と考えて、体重は40キログラム前後と見られる。

13キログラムのロープの端に40キログラムの重りをつけた36メートルの振り子の周期は約14秒。
画面上の12秒の周期に会わせて計算すると、ハイジが乗っているブランコの長さは
約27メートルということになる。

それでもブランコとしては異例の長さだ。無論、落差も大きい。  
最も低い地点では相当のスピードが出るはずである。

画面を静止させて角度を測ったという友人の言を信じるならば、
最も高く上がった地点で角度はなんと70度もあったらしい。

こぎ過ぎだ。ハイジ。

計算するとその落差18メートル。
最高速度はほぼ6階から飛び降りたのと同じ時速68キロにも達する。

これ、怖いぞ。

たしかディズニーランドのジェットコースター「スペースマウンテン」でさえ、
最高時速は50キロ(パンフレット参照)らしい。
しかもシートベルトも何も無い。
頼りになるのは尻の下にある板とロープだけ。
私はそれほど絶叫ものが苦手なほうではないが、
それでもシャトルループなどで後ろ向きに振られるときは確実に絶叫する。

さらによく見ると、遥か下方で教会の屋根が行ったり来たりしているのが見える。
どうやら、上空百メートルくらいでこのブランコをこいでいるらしいのだ。

本気か? ハイジ

上空100メートルにおける時速68キロの振り子運動。
常人ならとても耐えられないが、ハイジは天真爛漫に笑っている

ナイスガッツだ。ハイジ

10歳前後の少女がどうやってその精神力を養ったのかも無論気になるが、
それよりどうやってこんなブランコに乗ったということだ。

オープニングの歌の中に
「教えてぇ~~~♪ アルムのモ~ミ~の~木~よ~~~♪」
という一節がある。
どうやらハイジの生活圏内に有名な大木があるらしい。
ブランコの設置ポイントとして考えられるのはここだけである。

現在、世界最大とされている大木
(カリフォルニアのセコイアスギ)の高さが約110メートル。
ハイジのブランコの大木は地上127メートルに横枝を張っているのだから、その差17メートル。
楽勝で世界一だ。

ハイジはブランコに乗りたくなると、この世界遺産級の巨木にチャレンジする。
127メートルの垂直登攀を達成し、間をおかずロープをつたって27メートル降りる。
続いて全身を躍動させ、角度70度になるまでブランコに運動エネルギーを与えつづけ、
時速68キロのスピードを満喫する。
遊び飽きたら、無論同じルートをたどって降りなければならない。
往復308メートルの垂直昇降。

10歳前後の小娘が、いつどこでこの偉業を達成できるほど体を鍛えあげたのだろうか?

教えてっ! おじいさんっ!  
[PR]

by eremiya2002 | 2005-07-12 00:38 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード