女児が入った段ボール箱

人間がダンボール箱に入ってるって、神様、どういうことですか?
怒りと悲しみと恐れで、今私が

  こういう人間は死刑より重い刑で!とか
  私だったら殺してやる!とか
  ひどい、ひどすぎる!とか
  ご両親を思うと、なんと声をかけていいのか。。。とか

非難を繰り返したとしても
満足するのは他者だけで、  
  
この命は戻らず、
体を引きちぎられたような激しい別離の痛みは
この両親を今後何年も縛る事でしょう。
その恐怖と、憎しみと、屈辱と、悲しみは想像を絶するものでしょう。

私たちは、それをただ見ている事しか出来ません。

子供が殺されないようにするためには
子供を憎く思い、その命が軽く感じ、
また、苦しむ姿を快感を持って楽しむような心に追い込まれた人々を
「本当に」救わなくてはなりません。

それは、私たち一人一人がこの仕組みをしっかり学びとり
ただ世の中から除外するのではなく、
また、
厳しい刑罰を与えてしまえば「立ち直るチャンスを奪ってはいけない」
なんていう浅い考えだけで少し緩めの刑罰を与えたりするだけではなく、

現実から目をそらさないで、的確に対応しなくてはなりません。
甘く見ていれば無駄足を何度も踏み、
その間、犠牲を増やすだけです。

日本が遅れているのは、
「真実に目を向ける力」
だと思います。


犯罪の根元は全て、「寂しさ」です。
その後、どうしたらよいかわからないほど複雑になっていきます。

複雑さにだけ目をとめては
「犯人の心の闇に迫ります」なんて、
なんとかの一つ覚えみたいに言わないでテレビさん。

別に闇ではない。

人間がそんなに複雑で崇高に出来てるわけが無いんです。
確かに、創造物としてはすごい。
でも、この壮大な宇宙からみて、これほど小さな弱い動物です。
[PR]

by eremiya2002 | 2005-11-23 00:02 | 最近の世情・事件