一生懸命やっているんだ、もうカンベンして!! と思ってた。

これは、とあるブロガーさんとやりとりしたメールで、私の返事。
ホントに献金について、今の私には救いのメールでした。有難うございまっす!!
(一部ちょいと変更)

**********************************************************


10分の1献金について、とにかく、大分わだかまりが解けました。
経験を聞くと言う事は本当に何よりも説得力がありますね。

一生懸命やっているんだ、もうカンベンして!!

そういう状況がこの1年弱の間に沢山ありました。
その中でどうにか献金もしてきました。
確かに10分の1まではとどかない、そうですね20分の1程度でした。
でも色々と足りないと思っていた私にとっては多額の献金でした。

私は、AA(アルコホーリクス・アノニマス)と言う団体で半ば洗脳され
良い部分を越えた人間的な悪い部分・・・神以外をたてて、
自分の力で生活をなんとかするという、結局がんじがらめの
律法主義に5年以上苦しみました。
(結局人間の思想や態度が尊重されて神様そっちのけ、でした)





そこに費やした時間やお金の割には
結局社会的に地位のある人間や、お金に困っていない人間の方が
(世の中の目に見えるもの(人)で自分の生活がバックアップされている方、といったほうが無難かな・・*当人達はそんな意識ないみたいだけど、無いこちら側からって。火を見るより明らかに見えちゃうじゃないですか。)
色々な面で優位に立っていることも感じざるを得ませんでした。
それはただ単にリーダーシップを取る意識の低さと
本当の知識のなさ、また、それを先人に学び取ろうともせず
人と心を寄せ合い、悩みを共有し、互いの欠点を正直に認めていけば
それでいい、的な安易で軽率で身勝手な思想を信じている、
AAの中堅メンバーや長老たち「個人」の「信仰」であって
(勿論、AAの著書はそんなことを推奨はしていないのですが)
今、神様を正しく学ぶ私には何ら関係はないのに
弱い時期に救いよりも多くの傷を受けた場所、
ここから受けた心の痛手は相当のものでした。

ですから、全く知らないうちに恐れが私を包み、

「ただ信じる」と言うシンプルな真理に
恐れを抱いていました。


誰しも色々ありますね。

いっちょ、賭けてみようじゃーないですか、か・み・さ・ま に!!


**********************************************************

ちなみに、洗脳って怖いです。だって、洗脳されているのがまずわからないし
これでいいんだ、コレだけの仲間と、ミーティング会場さえあれば。
それ以外を求めるなんて、傲慢だ」なんて訳のわからん呪文を唱えていましたからw
「仲間とミーティングが私を救ってくれた、全ての答えはここにある」

なんて。無いし、んなもん。
神様の救いのほんーーーーーーの一部を抜粋して紹介した
専門のミニストリーなだけなんです。万能ではなくむしろ中途半端だから
時間の経ったメンバーには非常に重要な学びが必要なハズなのです。
でも
日本と言う国にきたら大分ひんまがっちゃったんでしょうね。
結局その中でずーっとやっていける人たちって、それ相応に条件のそろっている人たちだけ
なんだけどなぁ・・・・。

本人達は全くわからないみたいだけど。
[PR]

by eremiya2002 | 2006-02-18 21:41 | 自助グループ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード