<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

無理です

今はやめておきましょう
触るとあぶないよ

c0040067_0264953.jpg

[PR]

by eremiya2002 | 2006-06-11 00:26 | 私の事(つまり日記デス)

許せるのか

私、許せるのかな。うちの母親。

よくよく考えると私たいそう真面目に生きています。
酒も飲まず、タバコもすわず、男もいません(笑)。
くだらねー長電話もしません。
過去は全部too much だったんですけどね。
ひとりで働き続けてまる9年!
7月超えたらなんとシングル・マザー10年目ですよ。びっくり。

過去のめちゃくちゃな人生とラリッた頭と捨てた人間関係を思うと
「ウソぴょん」
って感じ。わはは


でも、母は爆走中!とうとう移住になるらしいの。ハワイ?アリゾナ?知らんけど。
ばあちゃんの最後を娶らせて火葬まで私にやらせ
自分達はハワイにいってた母。
そういうことをする方なので、それに付随して腐れた山のような問題を
積み上げ続け、ぶつけてきた母。

散々遊びまわってきて、また会いたいゆってきた。

ちゃんと話が必要でしょうと、何度も言ったでしょう。渡米する前に。
でもさ、彼が週末お友達とあうから
平日の夜しかあかないんだもん、と言ってはなったのアンタでしょう。
私が、新聞配達しているときにね。
「貧乏は自分で撒いた種。自分でかりとれば?」
と笑いながら、上質のワインと旅行の計画を
私たち親子にみせびらかしてきたでしょう?
思い通りにならないと、ワガママでいやんなる。と愚弄してきたんじゃない?

あのねー、もう読めてたんだけど。
返ってきたらさすがに移住だから心細くなって
会おうとするだろうって。しかも頼んでも居ない
口封じの為のお金とお土産をもってくるのが。


許すにも時がある


今、時じゃないな・・・・と思う私。
独り言



っていうか、むりだし。
[PR]

by eremiya2002 | 2006-06-11 00:24 | 私の事(つまり日記デス)

にゃにゃーん?

結局、おなかが大きくなってきますた。
お祈りしていますが、少なく生んでね。
ほいで、少なくても多くても、ちゃんと貰い手がつきますよに。
ちゃんと大事にしてくれる人。
子猫欲しい人いたら、近くでしたらお届けします★
コメント、残してくださいね。現在妊娠中のネコちゃんです。
c0040067_023216.jpg

[PR]

by eremiya2002 | 2006-06-11 00:02 | 私の事(つまり日記デス)

ねぇ~

最近通っている派遣先は
30女が2名、25近辺女が3名(営業サポート)、
及び営業社員が7名ほどの事務所。昼間は女の園。
今年になってからリーダーに任命された○さん、
リーダーってなんだかわかってないらしいのに、
指導・監督者ゼロ。
前の派遣さんも、ありえない対応に結構長くつとめていたのにやめちゃったみたい。
30女ふたりが、

「ね~○恵ちゃ~ん」「な~に~、う○○~ん」
「あたし、おなかいいっぱいでお仕事できな~いって感じ~」
「うそ~。すごく忙しいんだねっ」
「お二人とも大変なんですねー!(オール20代、ごますり組)」
「ねえねえ、アタシ仙台から移動してきたし、地元は埼○だしね、
週末は必ず実家に帰っちゃうし、、~郡~町って全然わかんない!
ごめーん、しかも”ぐん”ってどう書くの?
ほんと、真面目にね、覚える気持ちなくってごめーん。
郵便とかも、ここの地域って田舎だから届かないこともあるよね?」
「○さん!ここが田舎で本当にごめんなさいっ、でも郵便は大丈夫ですよ~」

「あ、派遣さんは、電話も取らなくて結構ですし、
社員の出来ない仕事(雑用)をやっていただければいいんですよ。」
なーんて言われて
私だけ商品の説明なかったり、お菓子配ってもらえなかったりなんてザラ。

↑こんな感じ。何も言わないけどね・・・私。
そう、派遣会社と派遣先のトップに確実に冷静にチクるだけです。

低俗だよ、お前たち

派遣社員で食いつないでいる会社さんたち~っ
技術泥棒しながら差別を楽しむような↑のような知性の低い人間は
訴えちゃうからねー、なんちゃって、
回りまわって会社の損失になるのだから、ちゃんとチェックしてね
会社の格がさがります。
[PR]

by eremiya2002 | 2006-06-10 23:58 | 私の事(つまり日記デス)

眠いけどお友達

みなさんお疲れさまです。
ereはちょっと疲労困憊しております。
スケジュールが多忙を極めております・・・。
ま、こんな時期もありますね。アホな社員の下で働くと
効率が悪くて。

でも今の私はこういうヒネくれた人間とウマく距離をとりつつ
共存し、必要なところにグッと関わるという訓練を受け入れようと思います。
段々成長してくると、何故か職種はこだわらない部分も出てくるんですね。
楽なもんです。低俗なイジワル光線を毎日何気によけながら生活しています。
よけるのが疲れる部分はなきにしもあらず、
だけど衝突するより精神の消耗は少なくてマル。

やっぱり、彼女が困ったときに助ける精神力が残っていないとね。

夜にこんな報告が出来るお友達が沢山居て嬉しいです。
忙しいのもあるし、職業柄もあるし、私のライフスタイルのせいもあるし
とにかくゆっくり人とダベる事が出来ないので、
このひとときの贅沢がたまらないかも。
[PR]

by eremiya2002 | 2006-06-06 00:14 | 私の事(つまり日記デス)