神を信じるって

神を信じて生きるって、
なんてエキサイティングなんでしょう。
なんて勇気と希望に溢れているんでしょう。

絶対かなわないと思い、誓い、捨ててきたものが手に入り
かなうわけがない、と疑わなくなっていたものまで
かなっていく。

世の中には沢山の知恵と知識があるけれど
聖書の・・・神様の知恵と知識に勝るものは何一つなし。

精神的な問題も、
肉体的な問題も、
お金の問題も、
人間関係の問題も、
小さなことではなく、命に関わるような大きな問題が全て

勇気を出して神に預ける方法を学び
委ねることを実行して祈り
昔からやっている方法で従順に歩むとき
神様はかなえてくれない事などひとつも無い。

信仰を持ったとき、奇跡はこの世の中でまだまだいくらでもあるのだという事を
私は実感した。そして、沢山のセンパイクリスチャンが実感してきたんだろうなぁ。

そして、奇跡を経験した多くの信仰者はみんな理由なく謙遜を得る。
私も、かっこよく気取るわけでもなく、自動的に謙遜を得る。

テレビ番組で有名になる事を目標にするわけでもない、
気高い地位に着く事を楽しみにしているわけでもない、
大好きな音楽で燃え尽きてもいいから世に自分の存在を少しでも、とか思わない、
歯を食いしばって「自分」を押さえ、いいんだオレのことは、気にするなとか
言っているわけでもない。

充分に満たされて、愛情を与えられて満足して生きていける。
そして、必要な人に流し込んでいる。溢れているから。

クリスチャンの目的には、喜んで自分の名を消すと言う
素晴しい冒険があるんですね。。。。。
世の中で人間が目標にするのは全く逆ですから
大変ですよなぁ。
そう、アタシ大変だったもの。

いかに「自分」をアピールするか、
いかに「自分」の人生を楽しむか、
いかに「自分」を満足させるか、
いかに「自分」を少々でも平安でいさせてあげるか、
などなどなどなど

私は憐れだったなぁ
今は全然逆だぁ
[PR]

by eremiya2002 | 2006-07-31 22:57 | クリスチャンとしての私 | Comments(8)

うまれたにゃにゃーん

ハッピバースデーpsalm42さ~ん

ハッピバースデーねこた~ん。7/20~♪
生まれましたよ、3匹。

なんだか
前日そわそわして、私の膝に乗ったり降りたり。

普通は「きかない娘(こ)」なので膝に乗ったりしないのですが
もう居ても立ってもいられぬ様子、
こりゃ~今夜から明日の朝だな、と思ったら、ほーんとそのとおり!!

朝方寝室に何度も何度も呼びにくるから、
しぶしぶ起きたら、生んだ子猫を見ろといってきました。
と言うか、なんだかわからなかったけど
なんだか出てきたんだよーー!と
訴えてきていたのかも知れません。
とにかく心細い様子が伺えました。

ちょうどラビットゲージがあったので、上部だけ開け放ち
チビらは出られないようにして、
エサもゲージの隣おいてあげました。
ふつうなら威嚇してきたような気がしましたが
うちのにゃんは私が近づくと安心なのか、ゴロゴロゴロゴロして
なでると喜んで・・・

普段は触るだけで噛み付くのに。
よっぽど精神的にもたいへんだったんだろうなぁ・・なんて思います。
では、もらいてはユックリさがすとしますか!

欲しい人は言ってくださいね~


c0040067_1455784.jpg
c0040067_1463351.jpg

[PR]

by eremiya2002 | 2006-07-23 01:52 | 私の事(つまり日記デス) | Comments(4)

自分を捨てて死に 永遠の命をいただくのですから



この間、やっと、しぶしぶ口にだして問題のひとつひとつを
つぶやき程度に祈りだしました。
(しかも相当ふてくされているからひっくり返ったままです)

そしたら腹がたってきて文句になって
文句をガツガツ言っていたら(神様に)

本当はこういうことが凄く心配で~して欲しいのに、とか
こんな風じゃどうしていいのかわからなくて不安なのに、とか

段々確信に迫ってきて

どうしてやってくれないの、
あたし本当に困っちゃったよ・・・と言ったら(でかい声で)

そうしたらようやく涙がひとーつ、またひとーつと流れてきて。
それからは滝のように涙が流れて
子供が親に泣きつくのと全く同じ状態で
わんわんわんわん泣いてーー泣いてーーーーーあ~泣いて。

そして何処で祈りが終わったのかもわからず泣き寝入りしたのです。

そうしたら、現状は何も変化していないけれども
私が生まれ変わったんですよ。
やっとやっとやっと。

突破したってわかりました。これがいわゆるよく言う「アレ」かと悟りました。

こういうことなんですね。
今までは泣き終わってもまた、さて、「自分で考えなくちゃ」と始まっていました。
いつになっても「私」を消せなかった。この罪(的外れ)が
私の命を蝕んでいました。

なんと神の知識の薄い、また、信仰の薄いおろかな人間だったのでしょう。
自分の力で行き着けるところなど、どこにもないのに。


さて

へこたれて同情をいただいてばっかりじゃ、一人いつまでも赤ちゃんなので
とにかく思い腰を上げて先パイクリスチャンに
ついていきます。よっ
[PR]

by eremiya2002 | 2006-07-17 23:29 | クリスチャンとしての私 | Comments(7)

~と

虐待と
電話依存と
アルコール依存と
男性依存と
ウツと
パニック発作と
離婚と
子供との別れと
愛人と
精神病人と
両親からの迫害と
母子家庭と
工場現場作業員と
派遣社員と。


私の履歴
[PR]

by eremiya2002 | 2006-07-14 22:50 | 私の事(つまり日記デス) | Comments(4)

私はだらしがないんだ

今、私はだらしがないんだ。

お金のことも、母親としても、
社会人としても、クリスチャンとしても
全部投げてしまいたい。

もう母子家庭なんていやだ。
汚いアパートも、貧しい生活も、
見通しの悪い未来も。

病気の治療で5年も・・・時間とお金を費やした。
その後3年、教会で過ごす時間とお金を(少し)費やしている。

もっと理解して欲しい。人に。
イエス・キリストを出してくる前に
一度一緒に泣いて欲しい。
辛かったね、って認めて欲しい。
[PR]

by eremiya2002 | 2006-07-14 20:52 | 私の事(つまり日記デス) | Comments(6)

ぢがれだ

もうereだめす
かなりきてます
[PR]

by eremiya2002 | 2006-07-04 23:31 | 私の事(つまり日記デス) | Comments(8)