<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

父の愛・父の涙

先日、
11月に就職した現在私が在職している会社の
事務員のNさんが、話しかけてきました。

彼女は30代後半の前半(んだそりゃ)。
お子さんが一人、1歳半くらいになるんだったかな。
ときどーき、触り程度の会話を一日の中で数度するか
しないかの関わりですが、
年頃も近いのと、子供がいることなどから
壁もなく普通にお話していました。

(あっ、どっかの熊谷出身の方とは違いますね、フッ)

Nさん「○○さん、突っ込んだ話聞いてもいいですか?」
わたし「え?いいですよー、どうぞどうぞ」

な~んて感じで話をしていたところ
Nさんは最近、うつ症状やパニック発作がひどく
子供もかわいく思えず、逃げ場もなく、
精神的にきつい状況だという事がわかりました。
そして、ご主人のご両親ともうまくいかないって。

以前、出身は九州だと聞いていました。
えー、どうして福島県に?と聞いたら
「いろいろあって」(にこっ)と言っていたので
こりゃなんかふかーいワケがあるんだなぁ・・と思って
「いろいろあったんですね」(にこっ)と
”了解、何も聞かないぜ☆”という感じで終わらせていました。

だから、コレを機に九州からなぜ出てきたのか
聞いてみたところ、なんと両親や兄弟の一人に
10代の頃蒸発されてしまったそうです。
それまでの間も家族の事業がうまく行かず
非常に不安定な生活を送っていて、
最終的にいなくなってしまったとのことでした。

幼少の頃にこういった身の保全が計れない生活を
強いられ続けると、自分を否定的にとらえるようになっちゃうんですよね。表から声をかけてもらった程度じゃぜんぜんダメ。治らない。

聞いていて胸が痛くなりました。
私もそうだったから。

今、精神科に通いながら
どうにかこうにか生き延びているそうなんですが、
これから先が本当に不安だったそうです。
毎日死にたくなるし、って。

だから、私に、「私はこのままで大丈夫だろうか」
と聞いてきたので
大丈夫!と答えておきました。
「しっかり病院にかかって、ゆっくり時間をかければ
マイナス地点から、0・・フラットな状態まではいける」って。

自分も、同じような状況から成人して、
苦痛を背負ったまま
世の中を生きなくてはならなくなったことの辛さを
忘れるはずがないので、
痛みを想像しつつお話させてもらいましたが
最後はNさんはボロボロ泣いていました。
そうですよね、精神科の先生しか肯定してくれないんですもの、毎日が緊張と苦痛の連続だろうな・・って。
だから、いつでも連絡してくださいねっていいました。
ま、当然なんですが・・。
そして、けんかして飛び出してきたら
もう一人じゃないですよって。

ほんと、よくぞ一人でここまでがんばったって感じです。

私はこういう一人の人の重荷を分かち合ったときに
最近そういう事に囚われないで自由に生きている自分を
改めて知ります。
そのときに、どれだけこの信仰生活によって、
神様を知っていくことによって傷のないものと
作り変えてもらえたか実感します。

言葉にするとこの程度のことですが
どれだけ私が神様に愛され、呼ばれ、助けられたか。
イエス様は、イエス様に群がる人々に対して
まるで羊飼いのいない羊のようだ、と憐れんで下さったと
ありますが
全く私もそのような大きな憐れみによって
父を知り、もう一度新しい人生を得る事ができたのです。
イエス様は、迷って疲れ果てて、
死のうか生きようか、地をさまよう私を見て
どれだけ憐れに思ってくれたことでしょう。
そう思うだけで、涙が出てしまいます。

世の中の価値基準から見れば
人の目にもつかないような事なのでしょうが、

いろいろな人の迷いと痛みを分かち合い
本当の方法でお互い支えあい、導きあい、
助け合い、協力しあうこと、

こういうことが、人の使命だし、
生きる本当の喜びだと思います。
こういう愛を超えるものは、何もないですね。
[PR]

by eremiya2002 | 2007-01-30 23:30 | クリスチャンとしての私 | Comments(2)

21日は娘の洗礼式です

今度の日曜日、21日は娘の洗礼式です。

私が通うプロテスタントの教会では
(というかどこも同じかと思いますが)、
子供と大人の礼拝は別なので

どんな時間と思いを重ねてこの日を決心したのかは
神様と私の娘しか知りません。

クリスチャンとして生きるということ
それは、ある意味生半可ではない部分があるということを
つくづく感じています。

そして何よりも、
それ故に守られて生きることができている、
ということを知っています。

そして、守られ満たされるだけでなく、
十二分に溢れ、
人のために生きていけるようになるということも。

さあ、いよいよわが娘もその決心をしたと言う事です。

最近、うちの近所の子供たちや、
私の友人の子供が入れ替わり立ち代りで遊びに来たり
泊まったりしていきます。
週末はいつも大賑わいです。
私と娘(そして、ネコちゃん2匹)
プラスお友達わんさか・・・。楽しい限りです。
そして、
いつのまにか大勢で教会へ通うようになっているこのごろ。

現代の子供たちは、
本当に過酷な状況の中に生きているのだなと、
つくづく実感させられます。
言葉数も知らないし、視野も狭いのは当然だけど、
この悩みと傷の重荷は大人とまったく変わらない。
それどころか、親の問題を背負い生きるので、
その重さはさらに重く増し加わっています。

わかっていたけど、これほどまでかと。

もちろん、私の家に集まる子供は家庭に問題があったり
事情があったりする子供達です。一人の子は、ただの3,4界しか教会に来ていないのに、礼拝の賛美が始まったとたんに
涙がポロポロ出ていました。

続きもみてね
[PR]

by eremiya2002 | 2007-01-18 22:55 | 娘17歳 母子家庭 | Comments(14)

「子供を虐待」する人,「子供が嫌い」な人

今年は、新しく、着実に、でも少しずつ

活動を始めようと思います。

またその年に入ってきたことを思わされます。

子供を虐待してしまう方や、子供を持ったのに子供が嫌いな方の、

助けになりたいと思います。もうそういう自分だから仕方ない、とか

しつけだからいいんだ、といいながら、心の中が決して平安にならない毎日を送っているとか、

本当は好きなのに、ある瞬間から許せなくなり、殺したいような気持ちになるとか、

わかっているけどやめられない、止められないとか



上記に当てはまる、当てはまらない関係なく
子供に対する自分の感情や、
自分が行ってしまう”虐待なのかな?という行動”に対して

「自分、おかしいかも」と思う方、

相談に乗らせてください。愚痴でもいいです。
とにかく私は責めませんから。大丈夫です。
何せ、虐待していた母なので。
[PR]

by eremiya2002 | 2007-01-12 22:12 | クリスチャンとしての私 | Comments(4)

年末のアフラック解雇劇⇒

明けましておめでとうございます。

なんとなく、ぼんやりはじめたブログも、なぜか3年目に入りそうな
時期に入ったのではないでしょうか?意外と感激です☆
みなさんはお元気でいらっしゃいますか?

ブログを書き始めたころの自分をチラ見すると、
「ウフ、はずかし。でもいっかこのままで」
なーんて気持ちになっています。

年末のアフラック解雇
⇒就職決定劇 なんかがありまして

あっという間に多忙な生活といいますか、新しい職種へチャレーーーーンジになり、
あれよあれよという間に正月はあけ、成人式は終わり(関係ありませんが)。。。

ちゅじゅく
[PR]

by eremiya2002 | 2007-01-11 23:21 | 私の事(つまり日記デス) | Comments(4)