<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

優ちゃんをバイク座席下のヘルメット収納スペースに入れ・・・

大阪府能勢町の山中に峯松優ちゃん(当時1歳)の遺体が遺棄された事件で、府警豊能署の捜査本部は27日、母親の再婚相手の無職田宮元貴被告(22)(死体遺棄罪で起訴)を殺人容疑で、母親の美香被告(21)(同)を監禁致死容疑で、それぞれ再逮捕した。

 調べによると、元貴被告は1月31日午後、同府豊中市の自宅駐車場で、優ちゃんをバイク座席下のヘルメット収納スペースに入れて近くのパチンコ店に出かけ、そのまま近くの歩道に放置して窒息死させた疑い。

 元貴被告は「パチンコの途中、4回目に様子を見に行った時には死亡していた。死ぬと思わなかった」と容疑を否認しているという。

 美香被告は、元貴被告が優ちゃんを座席下のスペースに入れてパチンコに行くのを知りながら、制止しなかった疑い。美香被告も「(元貴被告が)『時々様子を見るから』と話していたので、大丈夫だと思った」と否認しているという。
[PR]

by eremiya2002 | 2007-06-27 23:36 | 最近の世情・事件 | Comments(0)

母子家庭 男 子供 虐待 2

第二弾です。宜しくお願いします。
(一部文章をわかり易く訂正します)

さて、虐待は病気であり、依存のようです。エスカレートして普通のものです。
(Dr.や専門家の方、補足あればお願いいたします)

朝ズバの、みのさんのお怒りを受けて改心できる程度のものは
虐待とは言わないのです。。。。それではっとするくらいなら。。。

虐待依存症、とでも言えばいいのでしょうか?(医学的に問題はないです?)
アディクションの一つ(わからない方は”アディクション”で検索してくださいね)ですよね。
アディクションの方向性は唯一、”死”です。
最初に精神が死んで狂ってしまいます。
そして、
自分や他者も死に追いやります。
被害者が多い方かったり、弱いものだったりすると
もっとエキサイトしたりするようです。

今、増え続けている状況・・・・・・・・・

母子家庭の家に転がり込み、
結婚を意識する事も(また、結婚を安易に考える事しか出来ない、など)、
勿論育児も出来ないような男性と暮らし
虐待をする事や、虐待を見てみぬふりをする事が茶飯事の女性は、

”心の痛み””心の貧しさ””自らの虐待経験”を
激しく経験して育った人です。
自分自身を受容してくれる場所がなく(人がいず)、希望がなく、ふれあいがなく、
絶えず緊張の中にあるか、絶えず絶望の中にあるか、
絶えず惨めさの中にいたか。。。そんな人のはずです。

その傷の癒し方も知らず、それが傷だと教えてくれる人もいず、
自分がひどく痛んでいる事も知らず、
自分を愛することが出来なくなった人です。

本人が自分の状況にこと細かく気づいていることは
殆どないと思われます。

お金があったかないか、
いい車に乗っていたか否か
両親がそろっていたか否か、
宗教が儒教だったからとか仏教だったからだとか
核家庭だからとか、
そんな問題ではないということです。

More
[PR]

by eremiya2002 | 2007-06-24 01:11 | 娘17歳 母子家庭 | Comments(4)

母子家庭 男 子供 虐待

勢いが出てきたのでもう一発投稿しちゃいます。

このところ表面にどんどんあふれ出てきた虐待話,
今日は標題のテーマで話をしようと思います。

結構な割合であるのが、
母子家庭の家に転がり込んだ男が、その子供を受け入れられず
虐待・・・・
というパターンが多い事に、気づいている人もいると思います。
特に専門的に働いてる方々は身にしみて感じてるのではないかと。

私自身が母子家庭になって最初の5,6年は
この母子家庭に転がり込んできた男性と自分の行いによって
だいぶ子供を痛めつけたという経験を持っています。
肉体的には勿論、私の場合は精神的な虐待もひどかったと認識しています。

ただ、
実際、私が選ぶ男性は私よりも男性として人間として
器がある人、を徹底的に選ぶ努力をしていたので(必死でやっていたつもり)
(結婚で失敗したから怖かったし、自分が子育てダメだったから出来る人を探してた)
私よりは子供に対してましな人が幸運にも多かったのですが、
それでも、ですよ
それでも、温厚で多少は器のある人
と思って選んでも、

私自身が結婚が続かなかった大きな問題を抱える人間であり、
息子を手放すような状況を抱えていた人間であり、

そして、
自分自身の存在を愛せず、
自分自身に対して否定的で
自分を汚らわしく憐れだと信じ、
誰かにどうにかしてもらうか
世の中の仕組みにどうにかしてもらうか

そんな事しか自分と自分の将来に対して思うことが出来ない
問題多く、傷多く、自分自身の問題に気づく事が出来なかった

成長と自立が無い人間だったから、
成長した健康的な男性を見つけ出す目もなく
また、そういう成熟した男性には目にとまらない訳です。
だから、多少努力して、今度こそはいい人だと思う男性をひっぱて来ても

やっぱりどこか問題ある男性な訳です。
男運が無い、という方いらっしゃいますが、
これは運ではなくて、選定段階の基準があちこちでズレているからであり
運とか輪廻とか先祖とかの問題ではないのでうs。

そう、当時私も、
男性に自分の不安を埋めてもらい、私の人生の指針を作ってもらい、
また、経済を助けてもらい、楽しませてもらい、満たしてもらい
子育てもしてもらいたいと考えていた一人です。
※当然、自分の潜在意識でした、上記は!

そうすると、普通の健康的な男性は自然と耐えられなくなります。
耐えられるのは、同じように依存的な目的を持った男性になるんですよね!必然的に!

外見・言動・地位・年収には全く関係しないです。
答えは単純明快、難しくするのは人間の力を誇る習慣があるからです。

じゃ、この自立しない私のような女性を
母親のくせになんだ、けしからん!
と、みのさんの朝ズバみたいに責めてなじると
解決するのでしょうか。

しないんですよね。

でも私は解決の方法を知ってます!
だって自分が解決の道を味わったからです。

その続きはまた今度・・・
[PR]

by eremiya2002 | 2007-06-15 00:45 | クリスチャンとしての私 | Comments(10)

荒野を進んでいきますぜい

イロイロと忙しくすごしてきましたが
あれよあれよと言うまに6月になっていました。
しかも半ばじゃないですか。

4月から、偶然にも以前務めていた派遣先に戻る事が出来、
社員の女性は産休・育児休暇に入られたため
(営)アシを1人で気ままに
(気ままじゃ遊んでいるみたいですな)、
といいますか、任せてもらえて振り回されず
コツコツとやっています。
前回は5ヶ月ほど勤めさせていただきましたが、
今回は1年以上は決定しているので
粛々と進めつつも、また全ての歩みを味わって
また神様に委ねて行きたいと思っています。

More
[PR]

by eremiya2002 | 2007-06-15 00:16 | 私の事(つまり日記デス) | Comments(2)

疲れたあ・・・

断食も終わり、ひとだんらく。
イロイロと変化もあり、報告したい事も沢山あるのですが
とにかく毎日つかれるなり~です。
[PR]

by eremiya2002 | 2007-06-11 22:54 | 私の事(つまり日記デス) | Comments(4)