「あの日、わたしは、 彼らに殺されていれば良かった・・・」

1990年、アフリカの小さな国で起こった紛争は、
やがて、世界を驚愕させる惨事に発展した。

1994年、4月からの100日間に、
80万人もの
ツチ族とフツ族の穏健派の人々が殺されたルワンダの虐殺だ。


やがて、ツチ族がルワンダを制圧し、
ルワンダでの虐殺は収まって行った。


しかし、ツチ族からの報復を恐れて、
大量のフツ族の人々が、国外へ・・・
・・・特に、当時のザイール、
今のコンゴ民主共和国の東部へと逃れて行った。

そして、その中には、
インテラハムウェ(Interahamwe)と呼ばれる、
虐殺を扇動した
フツ族の武装組織も含まれていた。



コンゴ民主共和国の東部に暮らす
ザワディ・モンガーン(Zawadi Mongane)さんの村へ
ある日、インテラハムウェがやってきた。


ザワディさんは、夫や3人の子どもたち、
そして、村人50人ほどと一緒に、
ジャングルにある
インテラハムウェの拠点へと連れて行かれた。


そこで、インテラハムウェは、
村のリーダーやその関係者たちに対し
立ち上がるように命令した。

そして、立ち上がった者たちを、
人々の目の前で、
ナイフで、切り裂いていった。



それからの日々は、殺戮とレイプの日々だった。


ザワディさんの夫も殺された。

ザワディさんの兄弟は、
ザワディさんをレイプするように命じられ、
それを断ると、ナタで首を切り落とされた。


ザワディさんも、19人にレイプされた後、
彼女の2人の子どもは、
彼女の目の前で殺された。


さらに、インテラハムウェは、
ザワディさんから、
彼女が、おぶっていた赤ちゃんを取り上げ、
その子の首にロープを巻いた。


そして、インテラハムウェは、
ザワディさんに、
そのロープを引くように命令した。

More
[PR]

by eremiya2002 | 2008-05-29 23:36 | Comments(4)